ソコン役立ちログ
「パソコンの悩みを解消したい」あなたをお手伝い

【Excel・初心者向け】足し算、引き算をする方法は?

公開日/
最終更新日

Excelには、足し算や引き算を自動で行ってくれる機能があります。

これらを上手く使えば、手動で計算するよりも時間をかけずに計算することができます。

Sakurai-T
集計作業にも、便利です。

本記事では、初心者向けに足し算と引き算の基本を解説していきましょう。

目次

    Excelで計算式を使うには?

    Excelでは、紙の上で計算するのと同じように、「+」「-」が使えます。
    5と10を足し合わせたい場合には、「5+10」のように入力します。

    ですが、実際に「5+10」と入力しても計算後の値は表示されません。
    そのまま、「5+10」と表示されます。

    まず注意点として、Excelのセルに単純に入力しただけでは、計算することはできません。

    計算式を使いたい場合には、先頭に「=」を入力しましょう。

    「=5+10」と入力することで、Excelが「これは計算式だ」と認識します。
    そして計算した値となる「15」を表示してくれるのです。

    簡単な計算には「+」「-」を使う

    簡単な計算の場合には、「プラス(+)」「マイナス(-)」の記号を使いましょう。

    プラスとマイナスの扱いは、数学の考え方と同じです。
    もし0よりも小さい数になった場合には、負の数になります。

    単純な計算は、この方法で良いでしょう。

    注意点として、プラスとマイナスは半角文字を使います。
    日本語入力になっていないか確認しましょう。

    セル同士で計算する方法

    セル同士を計算したい場合には、途中でプラスやマイナスを入力します。

    実際に、次の手順で計算してみましょう。

    1. 「=」を入力する
    2. 計算したいセルを選択(「セルの位置」が入力される)
    3. 「+」「-」を入力する
    4. Enter を押す

    このように計算できればOKです。

    まとめて計算するときには「SUM関数」を使う

    「+」「-」で繋ぐと、複数の数も計算できます。
    とは言っても、たくさんの数を1つずつ選択するのは大変ですよね。

    そんなときに使える関数が「SUM関数」です。
    「SUM関数」は、指定した範囲のセルの合計を計算する関数です。

    =SUM(【計算したいセルの範囲をいれる】)

    ▽具体例
    =SUM(E3:E7)

    ()の中にセルの範囲を入れるようにして使います。

    具体的には、次の手順で使ってみましょう。

    1. 「=SUM(」を入力する
    2. セルをドラッグして範囲選択(「セルの範囲」が入力される)
    3. 「)」を入力する
    4. Enter を押す

    「ドラッグ」は、クリックしたままマウスを動かす操作です。
    マウスを離すと、範囲の選択が完了します。

    実際に操作して、試してみましょう。

    離れているセルを合計するには?

    「SUM関数」を使えば、複数の数をまとめて計算できます。
    ですが、セルの位置が離れていると、ドラッグしてそのまま選択できません。

    そんなときには、セルの範囲を「,(カンマ)」で区切りましょう。

    =SUM(【セルの範囲】,【セルの範囲】,【セルの範囲】)

    ▽具体例
    =SUM(E3:E7, G3:G7, K3:K7)

    セルの範囲は、カンマで区切れば何個でも選択できます。

    具体的には、次の手順で使ってみましょう。

    1. 「=SUM(」を入力する
    2. セルをドラッグして範囲選択(「セルの範囲」が入力される)
    3. 「,」を入力する
    4. セルをドラッグして範囲選択(「セルの範囲」が入力される)
    5. 「)」を入力する
    6. Enter を押す

    セルの範囲が3つ以上のときは、手順の③,④を繰り返しましょう。

    複数の数を引き算する場合は?

    「SUM関数」は、複数の数を足し合わせて合計を出してくれます。
    では、複数の数を引き算したい場合はどのようにすればよいでしょうか?

    例えば、次のような「残数を計算したい表」があるとしましょう。

    これを、2通りの方法で計算してみましょう。

    合計のセルを使う方法

    まず、シンプルで簡単な方法です。

    1. SUM関数で合計の値を計算する
    2. 「-」を使って合計を引き算する

    このように、合計から残りの数を求められます。

    1つの式にまとめる方法

    今度は、SUM関数を式の中で使います。
    少し慣れが必要ですが、理解できると応用が利くようになります。

    1. 「=」を入力する
    2. セルを選択する
    3. 「-SUM(」を入力する
    4. ドラッグして範囲選択する
    5. 「)」を入力する
    6. Enter を押す

    このように、式の中に関数を入れることもできます。

    1つのセルだけで計算したいときには、この方法を使いましょう。

    関数をうまく活用しよう

    「+」「-」などの計算記号だけでは限界があります。
    Excelに用意されている関数を活用して、計算を楽に行いましょう。

    合わせてよく読まれています